MENU

どろあわわの効果的な使い方

ドラックストアーに売っている洗顔石鹸よりも洗顔料としては、高いイメージがあります。なので、肌質により使用量を調整しても大丈夫だろうか?とふと思い浮かびました。家の場合2人で使うのでどの位い持つのかも気になる所です。

 

どろあわわ洗顔使用量 娘の場合 母の場合
年代 10代 30代後半
肌質 脂ぽいけど部分的にかさつく混合肌 普通肌でもTゾーンは脂ぽい
肌の悩み にきび・毛穴の開き・いちご鼻・地黒 シミ・クスミ・肌のたるみ・涙型毛穴
使用量 簡単ガイドに書いてあった使用量1.5cmで夜だけ使ってます。 1.5cmより少ない量の1cmで夜だけ洗顔してます。

 

どろあわわを使って洗顔してみました。【娘の場合】

簡単ガイドを見ながら洗顔して貰いました。

 

「どろあわわ」簡単ガイド

 

使用量もちゃんと計測しました。約1.5cmです。臭いは、無香料と書いてありますが、成分の臭いなのでしょうか少し臭いがしました。

 

どろあわわの使用量を定規で測ってみた

 

手順1

手を洗って汚れを落とします。

 

手順2

顔を素洗いします。ぬるま湯32℃くらいの温度らしい。体温よりも低い温度なので、ぬるま湯と言うよりも少し冷たいって感じる温度。夏に室温で置いてあった水の感じかな?それで軽くすすぎ洗いしました。

 

手順3

泡立てネットに水に浸してから、付属の泡立てネットにのせると、こんな感じの使用量でした。目安としては、ティースプーン1杯程度だそうです。後で気づいたのですが、下の写真のような泡立てネットの表面ではなく、ネットとネットの間にどろあわわを置くのが正解です。より細かい泡が作れるそうです。

 

泡立てネットにどろあわわをのせる

 

手順4

泡立てネットを折り曲げ少しずつ水を足しながら、空気を含ませるように泡立てネットを揉みこみました。泡の量が少なく見えますが、まだ泡立てネットに泡を残している状態です。一回で持ちきれなく落ちたらもったいない…

 

もっちりした泡が出来上がり

 

モチモチの泡を顔全体に伸ばしてと言ったら、目まで泡で隠してしまいました。

 

顔全体をどろあわわで包む

 

本当は乾燥しやすい、目の周りは最後にやさしく泡でなでる程度でいいんだよ!と教えました。おでこと頬を分厚い泡でゴシゴシしないで、なぜるようにマッサージ!公式には2cm位が目安のようです。

 

目の周りはやさしく泡でなでる

 

次に、悩みのいちご鼻を泡でマッサージしました。泡が凄いので、鼻で息ができない!? 「犬神家のすけきよマスク」みたいに口まで泡がついた娘は息苦しかったようです。注意しましょう!ちなみに中指と薬指でマッサージすると力加減は良いです。

 

いちご鼻を泡でマッサージ

 

残りの泡がまだたっぷりあるので、この後その泡で、体を洗いました。首・デコルテ・ひじ・ひざ・に再利用しました。157cmの身長なので、全身までは洗えなかったようです。

 

全身まで洗えるほどの泡

 

マッサージ後、約1分泡でパックしてから洗い流しました。これだけの泡ですが、泡ギレも良くすすぎもそんなに時間がかからなかったです。

 

【娘の感想】
最初は、水足す量がわからなく、不十分でうまく泡立たなっかた。コツをつかんだら、みるみる泡立つのがおもしろかった。泡の石膏を付けているようだった。鼻の穴と口には泡をつけないようにしないと苦しい。

 

どろあわわを使って洗顔してみました。【母の場合】

どろあわわシミ層洗顔の保存版ガイドを参考にして、マッサージしてみました。

 

どろあわわシミ層洗顔保存版ガイド

 

娘の泡の量を見ていて、私の使用量は1cmにしました。

 

どろあわわの使用量を定規で1cmに測ってみた

 

ネットに取るとこのぐらいの量です。

 

泡立てネットに取った様子

 

公式サイトで見た、硬貨が沈まないを、1cmの使用量でも沈まないのか試してみたくてちょっとやってみました。そっと100円硬貨をのっけました。すると…
100円硬貨を乗せてみた

 

アレレ?残念ながら沈んでしまいました。泡立てが不十分だったのか、やっぱり5mmの差はデカイのでしょうか?

 

100円硬貨が沈んだ

 

でも、あることに気づきました。公式サイトでは10円玉4.5gで、私はというと100円玉4.8gで使用量は1.5mmより少ない1mmですから沈むのも納得です。とはいえ、洗顔量1cmでも、泡マッサージするには充分な量でした。首筋・デコルテ・胸まで洗えました。

 

たっぷり洗えた

 

【母の感想】
泡の肌との密着感が、泥マスクを直接塗ってるかのような感じでした。夜しか多分使わないので、明日からはけちらないで1.5cm使用して、体の黒ずみが気になる所も泡マッサージしようと思います。洗った後すぐのツッパリ感もなくスッキリしました。ただ化粧水を塗り忘れてしまうって程の潤い感はないかな?ただおどろいたのは、グングン肌に化粧水が給水される感じがしました。普段からやっている、コットンマスクをしたらいつもより肌がふんわりモチモチしました。

 

どろあわわ
⇒どろあわわの公式サイトで購入する

 

どろあわわVSシミ・ソバカス肌(1日目)

アラフォーにもなると、長年浴びてきた紫外線の影響もあり隠れシミが表面化してきました。

 

29才の時に、化粧品会社のイベントでUVカメラで撮影し見たときに衝撃を受けてから、日焼けしないようにUV対策は万全にしてきたつもりですが、残念ば結果に( 。-ω-)

 

日焼けすると小麦色になるどころかすぐソバカスができてました。時代的にも、「健康な体を作りには日光浴をしなさい!」て風潮だったので、得に中学校までは日焼け止めなど使ったこともなかったです。

 

それがこの結果に、、、

 

シミがある左頬

 

【頬のシミが気になる所】
まだかろうじて、ファンデーションで隠れますが、このままシミが濃くなるとカバーしきれなくなるかも。
目の周りにもシミがあるので・・・赤い点線の部分に拡大カメラを当てました。

 

【どろあわわ洗顔前】
どろあわわで洗顔前の左頬を拡大カメラで撮影

 

クレンジングオイル(W洗顔不要)でメークを落としてから撮影しました。肌のキメが流れてしまっています。茶色く影が見えるのがシミです。ポツポツ見えるのが毛穴とシミの影です。若干脂っぽいです。悲しい(ノω<;)

 

【どろあわわ洗顔後】
どろあわわで洗顔後の左頬を拡大カメラで撮影

 

【洗顔】
説明書の指示どおり、今回は泡立てネットの内側に入れて泡立てました。泡立てているうちに、どろあわわが落ちてしまうことがないので正解でした。よりキメ細かい泡ができると書いてありました。それはよくわからなかったです。

 

泡立てネットの内側にどろあわわを挟む

 

ゆっくり時間をかけて泡でやさしくマッサージしました。1分間泡パックしてからすすぎました。

 

泡が残ったので、シミ・ソバカスの多い二の腕も洗いました。特に右腕が酷い、運転している時にジリジリ感じていたら案の上シミ・ソバカスが…

 

シミ・ソバカスの多い右の二の腕

 

今まで使っていた石鹸は清肌晶です。夏場はベタ付くので、爽快感を求めて使用してました。日によって肌がバリバリする感じもあり、乾燥する季節は使いません。

 

どろあわわは、すっごい泡で泡パックしているとキュギュッて密着して水分まで取られるのでは?という感覚がするのに、カサカサしませんでした。

 

タオルでふき取って鏡を見ると、「色白!!( ; ロ)゚ ゚」と思い、化粧水をつけるのも忘れすぐに写真を撮りました。

 

どろあわわで洗顔前 どろあわわで洗顔後

 

そして、化粧水をつけると「肌がゴクゴクと飲んでいるみたい。」コットンパックをした肌はふっくらモチモチしてました。最後に美白美容液HAKUを塗って就寝。

 

朝、起きて鏡を見ても昨晩のように白かったです。私は、朝は使いません。なぜなら泡でゆっくりマッサージする時間がないからです。

 

どろあわわ
⇒どろあわわの公式サイトで購入する

 

どろあわわVSシミ・ソバカス肌(15日後)

どろあわわを使いはじめてから、15日が経過しました。娘と2人で毎晩、洗顔しているので量もけっこう減ってきました。今は、半分よりちょっと多いくらいの量です。

どろあわわをヘアクリップで挟む くるくると搾り出すようにどろあわわを使う

 

パウチタイプの容器が少なくなると出しずらいと言う口コミを良くみますが割りばしや、ヘアクリップで絞り出すようにすれば、今の段階ではなんの支障もないですよ!

 

もっと少なくなったらそうなのかもしれないですね!そうなったらまた良い方法を考えねば(`・∀・)b

 

しっかり泡立ててから洗い、贅沢な泡で洗うのが日常化してしまいました。泡立たない石鹸やシャンプーでは物足りなくなってすっごく泡立ててから、洗うようになってから、切れ毛や髪が抜ける量が減り、カサカサボディーからも開放されましたよ!

 

「泡でやさしく。」ナイロンたわしさようなら(・∀・)ノ゙ バィバィ〜

 

◆どろあわわの1.5cm泡立て動画です。

 

◆どろあわわの1cm泡立て動画です。かなり雑な失敗バージョン

 

100円玉乗っけてみたら、沈んでしまったので思わず笑ってしまいました(;・∀・)
たぶん、1cmと容量をケチったのと、10円玉より重たかったからだろう。。

 

どろあわわ
⇒どろあわわの公式サイトで購入する